初めての屋根塗装でも安心!失敗しないために押さえておくべき基礎知識を徹底解説!

このサイトでは、初めて屋根塗装を依頼する人向けに塗料の種類やカラーや耐久性、塗装方法などの基礎知識を分かりやすく解説しています。
また、このサイトでは屋根の塗装にかかる費用の相場、費用の内訳、見積り書のチェックポイントなどについても詳しく紹介していきます。
さらに、塗装業者の選び方のポイントも具体的にお伝えしていきますので、どこへ頼んだらよいか迷っている方も、ぜひこのサイトの記事を参考にしてみてください。

初めての屋根塗装でも安心!失敗しないために押さえておくべき基礎知識を徹底解説!

屋根塗装をする際には、塗料選びが重要なポイントです。
塗料によって耐久性や相場価格などが異なるため、初めて屋根塗装を依頼する方は、よく下調べをしておくとよいでしょう。
また屋根塗装の技術は業者によって差があります。
満足できる状態に仕上げてもらうためには、優良な屋根塗装業者を選ばなくてはなりません。
直接その業者へ問い合わせたり、口コミ情報なども参考にしながら、信頼できる屋根塗装業者を探してみるとよいでしょう。

屋根塗装における塗料選びのポイント

屋根塗装を行う時に押さえておきたい、塗料選びのポイントがあります。
まず押さえておきたいのが、塗料の耐用年数です。
種類によって耐用年数は変わってきます。
リーズナブルな塗料は金銭的な負担を軽減することができますがその分、耐用年数は短めです。
一方、費用の高い塗料は塗装代がアップしますが、塗料の持ちは長めとなります。
短いものは7年ほど、長いものだと15年ほどと耐用年数に差があるようです。
屋根塗装をする際は、塗料が持つ機能もしっかり把握しておくことが必要です。
防汚性・遮熱性・防藻・防カビ性など。
塗料には様々な機能がプラスされています。
屋根から太陽光の熱が室内に入り込み、温度が上昇しやすいので屋根塗装では遮熱性のあるものが人気です。
価格も知っておきたいポイントとなります。
屋根用塗料は価格帯の幅が広く、高価格帯、中価格帯、低価格帯まで様々です。
あまり安価なものは短いスパンで施工が必要になることが多いので、費用や耐用年数を考慮して塗料を選ぶと良いでしょう。

屋根塗装の耐用年数は塗料の種類によって変わる!

新築で購入した家も雨風や直射日光にさらされる外壁や屋根は、一番早く劣化してきます。
カビやコケが生えてきたり色が褪せてきて、劣化が進むとひび割れや剥がれが生じてきます。
それに外壁よりも屋根の方が雨風や日光をダイレクトに受けるので、外壁と同じ塗料を使っていても屋根の方が劣化するまでの年数が短くなります。
塗料の耐用年数は使われている樹脂の種類によって異なり、屋根塗装を行う時は値段と同じくらい耐用年数にもこだわることが大切です。
費用が安く抑えられ発色も乾きも良い「アクリル塗料」は5年から7年で、密着性に優れてはがれにくく防汚性も高い「ウレタン塗料」は7年から10年です。
シリコンを使い耐熱性や耐水性の高く汚れも落ちやすい「シリコン塗料」は10年から15年もち、汚れを太陽光で浮かせて雨で取り去るというセルフクリーニングが特徴の「光触媒」は10年から15年持つといわれています。
光触媒塗料は費用が高くなりますが、空気浄化機能があって地球環境にも優しい屋根塗装として近年人気がある塗料です。

定期的な屋根塗装を怠った場合に発生するリスク

屋根は、雨風や太陽光などから建物を守るという重要な役割を果たしていますが、屋根に施された塗装は時間経過とともに徐々に劣化してきます。
そのため、屋根塗装を定期的に行っておくことが大切ですが、定期的な屋根塗装を怠ると雨漏りのリスクが高まるので注意が必要です。
雨漏りが発生した場合、屋根裏に雨水が溜まってカビが発生したり、壁に染み出て汚れにつながったりする恐れがあります。
特に、木造住宅の場合は柱や梁などが腐食して、建物自体の寿命が大きく縮んでしまう可能性があるので注意が必要です。
また、雨漏りの発生はシロアリ被害のリスクも高めます。
シロアリは木材を主食としているため、木造住宅に深刻なダメージを与えますが、シロアリは高温多湿な環境を好むので、雨漏りが発生するとシロアリ被害に遭う可能性も高まります。
さらに、雨漏りは漏電被害につながることもあります。
漏電が発生すると電気代が高くなるとともに、感電事故や火災の原因にもなるので注意が必要です。

屋根塗装工事のスケジュールを押さえておこう

依頼する側にとって、屋根塗装がどのようなスケジュールで行われ、施工完了までにどのくらいの期間がかかるのか気になるところです。
家の大きさや天気などによって施工期間は変わってきますが、平均的な期間を知っておけば1つ、屋根塗装の不安を取り除くことができるでしょう。
屋根塗装はまず近隣住民へ挨拶をすることから始まります。
塗料の臭いなどでトラブルを避けるためです。
挨拶周りは半日から1日かかります。
次に行うのは足場を組む作業です。
高所での作業となるので安全面などを考慮して、足場は必須です。
足場を組む期間も、半日から1日ほどです。
次に塗料がしっかり密着するよう洗浄をし、下地の処理を行います。
屋根の劣化が進んでいる場合、下地処理に数日かかるケースもあるようでえす。
その後、塗装前の養生を行いいよいよ塗装となります。
塗装は下塗り・中塗り・上塗りと3回に分けて行うのが基本です。
点検や足場の撤去などを行い屋根塗装は完了です。
完了までの期間は平均して、約2週間ほどとなっています。

著者:寒河江好一

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
高校卒業後地元で屋根塗装業者に就職。
屋根塗装に関する知識をネットで発信しています。
横浜 屋根塗装